お役立ちコラム

PCB・廃棄物処理(絶縁油)にてお困りなお客様(検査・処理・廃棄)

PCB・廃棄物処理(絶縁油)は専門業者による検査・処理・廃棄が「PCB特別措置法」により義務化されています。

ポリ塩化ビフェニルと言う、毒性が強くダイオキシン類に分類され中毒症状が出る事から規制が必要となりました。

PCB廃棄物・処分期限は平成39年3月31日です。高濃度PCB廃棄物は、平成35年3月31日までとなっています。

 

 廃棄物となったもの

 

PCB含有の判別方法

①まずはメーカーに確認をする

高圧受変電設備・キュービクル(変圧器・トランス)に型式の記載があります。

その他、月次検査報告書・年度報告書などをお手元に用意して各メーカーに問い合わせを

すると早い回答がもらえます。

 

②1953年~1972年に製造されたコンデンサー・変圧器(絶縁油)に含まれる可能性があります。

年式によりPCB含有の可能性が高くなります。年次報告書等の確認で年式は把握できます。

 

③日本制・高圧受変電設備・キュービクルで有る事

日本国内で販売・製造された機器が対象となります。

 

■高濃度PCB含有廃棄物

■低濃度PCB含有廃棄物(5,000mg/kg以下)

 

メーカーで分からなければ検査機関にPCBが含まれるかを検査する事も可能です。

検査結果を基に「特別管理産業廃棄物許可」の産業廃棄物業者へ処理をします。

より詳しい情報はJEMA(一社)日本電気工業会HPをご覧ください。