お役立ちコラム

負荷容量の見直しで電気料金(基本料)削減 低圧電力

負荷容量の見直しで電気料金(基本料)削減をしませんか?

創業からずっと電気契約の見直しをしていないお客様は、電気料金の見直しをする事で経費節減ができます。

電気の契約は使用する設備によって決定されます。ですが設備の増減により契約を見直すと電気料金を削減できる可能性があります。

 

導入事例

鉄工所での負荷容量見直しの場合

現在の低圧契約    92kw

見直し後の低圧契約  42kw

月額51,450円の電気料金の削減

年間617,400円削減

※契約の地域・電力会社の料金は地域によって変動致します。

 

電気使用量から電力会社の契約を見直し電気料金を削減する

 

『工場内で大型の電気機器を以前使っていたが撤去した』

『設備を省エネタイプに更新し月額電気料金が大幅に減った』

『設備はたくさんあるが、同時に使用する事がなくなった』

 

電気使用量から高圧受変電設備を導入して電気料金を削減する

 

『大型の電気機器を設備投資し導入したい』

『新しい事業で機器導入を予定している』

『新社屋を建てるので高圧受変電設備を導入したい』

 

最初にする事はお客様の現在の契約電力(〇〇kw)がどうなっているかの確認です。

電力会社から送られてくる請求書『電気ご使用量のお知らせ』をご用意ください。

受変電設備(トランス)の改修工事を行う事で契約電力の大幅な削減が可能になる場合もあります。

長期にわたり、契約の見直しをしていないお客様は一度、ご検討してみては如何でしょうか。